日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

音楽教室から著作権料徴収へ ヤマハVSジャスラック訴訟か?!

ニュース

音楽教室から著作権料徴収へ ヤマハVSジャスラック訴訟か?!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

そもそも著作権とは?


「公衆」に聞かせることを目的に楽曲を
演奏したり、歌ったりする「演奏権」を
その曲を作った作曲家や作詞家が
専有すると定めたものが著作権法です。

この著作権法をもとに、JASRACは
コンサートや演奏会、カラオケでの歌唱に
対しても著作権料を徴収しています。

作者の権利を守るためにある法律だけど
「公衆」というのがくせもので
どこからどこまでならOKか?
その線引きが、難しいですね( ;∀;)

音楽教室で生徒さんと演奏する楽曲までも・・・

生徒や教師が他の生徒の前で練習、指導するのも「公衆の前での演奏」にあたると判断?

音楽教室では、1人または数人の生徒と
教師が練習や指導のために
楽曲を演奏する。
JASRACは、生徒も不特定の「公衆」
にあたるとして、この演奏にも演奏権が
及ぶと判断。
作曲家の死後50年が過ぎて著作権が
切れたクラシック曲も使われる一方
歌謡曲や映画音楽などJASRACが
管理する楽曲を使っている講座も多い
とみて、著作権料を年間受講料収入の
2・5%とする案を検討している。
7月に文化庁に使用料規定を提出し
来年1月から徴収を始めたい考えだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp


日本音楽著作権協会(JASRAC)は
大手音楽教室(ヤマハや河合楽器など)
での演奏について、著作権料を
徴収すると発表しました。

徴収額はなんと!年間10億~20億円?!
教室側は反発していますので
文化庁長官による裁定やJASRACに
よる訴訟にもつれ込む可能性もある
とのこと.

音楽教室の生徒さんも不特定の
「公衆」にあたるのでしょうか?
訴訟か~・・・
これは大きな問題になりそうですね( ;∀;)

ヤマハや河合音楽教室など


音楽教室大手のヤマハ系列は
約3300カ所で生徒数約39万人
河合楽器製作所は
直営約4400カ所で生徒数約10万人!

この大手2グループに他にも
ウェブサイトなどで広く生徒を募集している
教室約9千カ所を徴収対象としている
とのこと(意外といっぱいあるんですね)

JASRACは7月に文化庁に使用料規定を
提出し、来年1月から徴収を始めたい
としています。

今の所、個人運営の教室は除外だそうです。

美容室でのBGMもNG?

2016年6月から徴収している


もうすでに
コンサートや演奏会カラオケでの歌唱や
美容室、ダンス教室のBGMから
著作権料を徴収しているんですね( ;∀;)

これからは、もっともっと
取れるところから取るってことでしょか?
例えば、道端で歌ったりすれば
当然「公衆」となりえますし
ストリートミュージシャンが誰かの曲を
カバーして歌えば、アウト!?
なんとも、せちがない世の中ですね・・・

ネットの声は


生徒は楽器の演奏技術を学ぶために
その対価として授業料を支払っている
「聴衆」として楽曲を楽しむために
音楽教室に通っている訳ではない

同感です!
生徒さんを、不特定多数の「公衆」と
見なすのは、おかしいと思います

他にも音楽文化が衰退するよ
色々な音楽に触れるのが音楽教室は
大事でしょ。。
JASRACは日本の音楽を
衰退させたいのかな?
などの声も聞かれます

ヤマハは、提訴するのでしょうか?

果たして、音楽業界はこの先
どうなって行くのやら・・・
もちろん
衰退させてはいけませんね

1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin